中古車買取店の査定を受けてみて

店員さん
クルマを売るときは今までディーラーに下取りに出して、新しいクルマをそのディーラーから買っていたのですが、不況のせいもあって買い替えの予算が少なくなってしまい、もっと高く売ってから新しいクルマの買い替え資金に回したいと、今回は中古車買取店の査定を受けてみました。
最近ではホームページから簡単な必要事項の入力だけでオンライン査定に申し込めるのですね。

すぐに仮の査定ですがお知らせしてくれたので、出張買取に申込みしました。
日時は指定できますし、査定スタッフさんがご自宅まで来てクルマは引き取ってくれるので、自宅に居ながらクルマを売ることが出来てとても便利でした。

査定スタッフさんにクルマの状態を見てもらう前に、きれいに清掃しておいたのと、社外品パーツに交換していたので純正パーツも一緒に売ったため、思っていたより高い査定が付きました。
中古車買取店ならクルマを売ったら、新しいクルマを買う時はいつでも都合のいいタイミングで済むのがメリットの一つです。
こんな時に役に立つサイトを教えます!ここが良いです↓

私はブラックのマイカーに乗りたい!

入力

私は自動車免許を取得する前から、カラーはブラックのマイカーに乗りたいとずっと考えていました。
その理由はもちろん、自分が好きな色がブラックだからです。

しかし、今まで3台のマイカーを保有しているのですが、未だにブラックのマイカーに乗ったことはありません。
1台目は紺、2台目はシルバー、そして今保有しているのがメタリックパープルです。

1台目は、初めてのマイカーということで、暗い色だと夜などに周りに見えにくく事故を起こしやすいからと父に猛反対されてあきらめました。
2台目は新車で購入したのですが、その時に乗りたかった車に特別車が出ていて、どうしてもその特別車が欲しかったのですがその選べるカラーにブラックがなく、仕方なく汚れの目立たないシルバーを選びました。

そして3台目。
こちらも新車の軽自動車を購入したのですが、仲の良い友達が2人ともワゴンタイプの軽自動車に乗っていて2人ともブラックだったので、かぶらないようにメタリックパープルにしました。

次こそは絶対にブラックのマイカーを購入したいです。

愛車でセルフ式のガソリンスタンドへ
セルフ式のガソリンスタンドが出てきてから随分と時間が過ぎていますが、私は自分でいれる手間が面倒でフルサービスのガソリンスタンドばかり利用していました。ちゃんと窓は拭いてもらえるし、ゴミも捨ててくれるし、車で何か気になるような点があれば声をかけて頂けるし。

その分、料金は少し上がってしまうけどそれはその分の手間賃として考えていました。ただ何となく、満タンとしか言いずらい雰囲気があったので給料日前とかだと少しキツかったんですけどね。そこセルフ式のガソリンスタンドであれば、その時の経済状況なんかにも合わせて好きな量・好きな金額でいれることが出来ます。

そして値段も当然ながらフルサービスのスタンドよりも安いと来ている。これは利用しない価値はないでしょう!って思ったわけです。

セルフって言っても係の方は居るし、ちゃんと車を何処に持って行けば良いかとかも案内してくれるし。

分からないことがあって聞けば親切に教えてもくれます。給油口の位置がどっちだろう?なんて考えなくても大丈夫です。
好きな量を選択して、現金を投入してキャップをあけてノズルをいれて給油するだけのことです。難しそうに見えますが、一度やってしまえば結構簡単なものですね
雨の日の運転
免許をとってから今でもあまり得意としていないのが雨の日の運転ですね。雨の日は視界も悪いし、そこにきて滑りやすいです。

昼間だって苦手なのに、これが夜になってしまったらもっと嫌になりますね。昼間の運転の何倍も危険度が上がってくるので、ドライバーは常に気を遣いながらの運転になるでしょう。

雨の日に運転しているとなかなか対向車が見えなかったり、路面にたまった水が反射してセンターラインや標識などが見えないこともあるくらい。
こちらに気をとられてしまうばかりに歩行者の発見が遅れて事故に繋がるなんてこともありそうです。そんな時にどうしてるのか?

といえば出来ることは前の車の進むほうに出来るだけ着いていくということ。もちろん車間距離は十分にとった上でのことになりますが。
あとは窓ガラスの反射を出来るだけ防ぐようにワイパーのメンテナンスは忘れないようにしたいものです。

フロントガラスの油膜も出来るだけ頻繁に除去しておくことが必要です。あとはワイパーの速度の調整でしょうか?

これって結構気をとられてしまうものなので、この雨量ではどれくらいの状態がベストなのか?ということも事前に把握しておくべきでしょう。

雨の日の運転は慎重に行きたいものですよね。
車を買い取りに出すために
長年乗り続けた愛車をそろそろ寿命がきたので手放すことにした。
そこでインターネットでみつけたのが一括査定サイト。
1件1件買取店舗に連絡するのが面倒だったのでモノはためしで査定申し込みをしてみた。

すると1時間もしないうちに携帯電話がじゃんじゃんなりだした。
メールにもぜひ査定させてくださいという内容のメールがたくさん。
そしてその中からガリバーさんが高く買ってくれそうなホームページだったので、ガリバーさんにきてもらうことにした。

ガリバーさんが後日くると今売ってくれれば高く買い取りますと予想以上の高い金額を提示してきた。

ほかの業者も査定してからにしたかったのでその場で即決は断ってかえってもらったが、その後の営業電話が22時以降もかかってきたり、当社の在庫車と買い替えならもっと高く査定しますと言ってきた。

高く買い取ってるようにみせてるだけではないかと思い、他の業者に決めるからと断ったが翌日また電話がかかってきた。
出かける前だったので今忙しいからと言うと家の前にいるんですけどと言われた。
仕方ないので出ると今度は当初よりプラス10万の査定金額を出してきた。

しかし断った。
車の査定はしつこすぎないほうがいい。

初めての軽はモコでした

今のクルマの前に日産のモコに乗っていました。それが初めての軽自動車だったのですが、大昔の軽自動車のイメージしかなかったわたしには、結構な嬉しい驚きがたくさんでした。

一番最初にびっくりしたのはドアを閉める音。
すごく密閉度が高そうな、かつ、とても頑丈そうな、普通自動車と何ら変わらない音がして、ただそんな単純なことで嬉しかったのを覚えています。

実際に走り出してみても町中を走る限りは加速にも特に不満はなし。
元気よく走る普通自動車にはさすがにおいていかれますが、そういったケースでなければ流れに乗って普通に流すのに苦労することはありませんでした。

高速道路で流れに乗って走るのもの特に走行性能上は問題なく行えました。
エンジンの回転数が上がる分、どうしても車内はうるさくなってしまいますが。

ホイルベースがあんなに短いのに、とにかく真っ直ぐに走ってくれるのにも驚きましたね。
最初に乗った初代のマーチなんかよりもずっとクルマ自体の出来が良かったです。

元がスズキのクルマなので、らしさが出て路面の状況がとてもよく分かるハンドルの操作感も好印象でした。
ただ、ちょっと急な上り坂になると非力さゆえに色々と大変ではありました。

観光地に出かけた際の峠越えで、自分の車の後ろになが~い車列が出来てしまったときには、申し訳ない思いをしたりもしました。